特定社会保険労務士の自力整想館3

アクセスカウンタ

zoom RSS 唸ってしまった月刊誌の投稿記事…これで成り手も少なくなるかもしれない渋鎮「ボクッて集めるのが義務なの

<<   作成日時 : 2009/03/21 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

なぜ「投稿」という形で裁判結果を載せたのか・・・そりゃ下部構造の安定性に寄与せしめようと意図するからであろうが、「フォーマルな告知」であれば、逆に渋鎮という「職制」を縛りかねない・・・もし、裁判で反対の結論が出ていたら共同幻想が崩壊しかねない本能的な恐れゆえに、何んとかして知らしめようという苦肉の策か・・・別に湯井仏主義者ではないし元よりそんな素養なんか持ち合わせていないが、下部構造(いわば金集めと使い道かねえ^_^;)が上部構造(=掟、法)を規定する、というアナロジーだけで考えると、多様化して拡散しかけている業界の共同幻想をなんとか再生産しようと・・・当然、反対の結論だった場合はいくら投稿しても掲載されないだろうなあ、他にたくさんの投稿記事が来ていますので特定の投稿だけを選ぶわけではありませぬ、なんてね・・・なんのこっちゃ(~o~)

画像


ひょっとして、この「・・・支部会費の定めは県会会員及び支部会員の総意が反映されている・・・」という結論には、
立場によっては困る人もでてくるかも・・・

なんと言おうとわしゃ払わんぞ、という会員が出てきたときに、「総意」によってトコトン追い詰める義務を負うのがシブチンをはじめとする一連の職制なのである・・・が・・・・はて・・・・?・・・ワタシャそんな暇が無い・・・よって逃亡するしか・・・








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
訴訟の中心人物は、俺が師と仰ぐセンセイで、この裁判の弁護士も、いつもお世話になっている先生です。ここまで揉めたのは、田舎の支部にしては、年会費が高額である・・・ということと、お金のツカイミチもどうも不明朗な点が多いという背景があるようです。
代書屋sr▼・ェ・▼
2009/03/23 03:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
唸ってしまった月刊誌の投稿記事…これで成り手も少なくなるかもしれない渋鎮「ボクッて集めるのが義務なの 特定社会保険労務士の自力整想館3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる