特定社会保険労務士の自力整想館3

アクセスカウンタ

zoom RSS おきらく社労士さん「で…結局どうなったんだろう?」って、私も知りたいのですが、そんなヒマもなくホント

<<   作成日時 : 2009/04/09 19:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

どうなったんでしょうね・・・というか、だれか結論だけ教えて欲しいと思ったのでメルマガのコピペをしましたが、これでもよくわからないのですね・・・直接、当事者にメールをすればいかがでしょうか・・・直リンすると差しさわりがあるかもしれないので、当事者の固有名詞を検索にかければ一発にわかります(^o^)/・・・その結果だけ教えていただければ、手間がハブけて、週刊誌的な興味も充足されるわけでして・・・おきらく社労士さんのように「なんでぃ、もっと強い刺激はないのか^_^;」と闘鶏場の観客みたいに、面白い記事を漁るわけでして、刺激の強いネタは自分のブログで大騒ぎしましょうね・・・・




OKA―SR さん、コメントありがとうございます。

>初めて投稿します。
>この方には目をつけられたら最後だと思っています。
>疲れます。


そうですか・・・よほどヒドい目に会ったのですね・・・お察しします(^o^)/


これに懲りずに、またコメント下さい。

このブログは、書き込み禁止にはしておりませんので全く自由に書き込んでいただいて結構です・・・

ただし、その結果、訴訟沙汰などになっても当方は全く関知しませんのであしからず(^^♪

結局、まあ、社労士と業界の健全な(ーー;)発展にどのように寄与したのか、ということと、果たして私の商売にプラスになるのかどうか、ということがキメ手のようでありまして、その他は、まあ世間一般的な能書きをタレて取り繕うと・・・その程度です・・・








というわけで、労働調査が発売元となっている「労働基準法のポイント」という冊子が「労働関係法のポイント」というように変わったということであります・・・

中身はさほど変わっていないのですが、労働調査会の担当者さんご苦労産であります。定価500円+税ということですが、監督署などに置いていますが、いったい何冊くらいでまわるのでありましょうや・・・

この本と、「社会保険の事務手続」が、仕事を進める上での大半のネタ元なのでありますから、タダで手に入るとは足を向けては寝れないのでありますよ・・・もっとも方角が判らない(~_~)

画像


そのほかにも無料で送ってきた本、今年度中に読めるのでしょうか・・・本棚に積んでおくだけになるのかも・・・・



あらためて、「総務部メルマガ」を見ると、興味深い話もあり・・・
http://www.soumubu.jp/blog1/blogger.html

この、「総務部メルマガ」からコピペした話を、K社のF部長に読ませたく。。。。

F部長!私はいただいている安〜い顧問料の分しか仕事はしませんヨ。あれだけアドバイスをしているのに・・・

¶違法行為や脱法行為は、総務人事部門の仕事?
と考えている人たちがいる。非合法でもって、利益をあげて、「良い給料をもらおう」と考えているようである。ところが、そういった労働力市場や人事管理の現場は、きわめて利益率が低いのが実状である。「貧乏人が、貧乏人を作る」とのことわざの通り、非合法だから労働者の稼ぎは少なく、稼ぎの少ない労働者を管理する者に、「高給を支払う経営者はいない!」が実態である。日雇い派遣、派遣切りなどの実態は、やはり貧乏であり、貧乏であるからこそ経済外的強制(ごまかし、だまし、ペテン)が用いられているのである。
あなたも現実を直視していただきたい。昔、暴力団は貧乏であるがゆえに、麻薬や管理売春を営んだ。今でも貧乏だから、バイアグラ粗悪品の通販や出会い系サイトを営んでいる。非合法や闇の世界でボロ儲けをしたとすると、「振込め詐欺」のように必ず検察や警察が介入して、社会共同体秩序を維持することになっている。検察から相手にされない素人の「非合法荒稼ぎ?」は、所詮、経済犯罪にカウントされない、「愚かなハツカネズミ」と同じなのである。ある外資系の人事部長は、退職者に規定の退職金を支払わないことで、外資支配人から僅か数%の報奨金を分け与えられていたが、「貧乏な日本人が貧乏な日本人を作らされていた」のだ。
大恐慌の中、社会や経済が一挙に再編される状況で、高い収益性と利益率を引き上げるには、合法的に事業を行わなければならない。あなたが通う個別企業も、高い収益性と利益率が実現できるよう、客先と労働力を合法的に組織し直さなければならない、その組織の上に新商品(高付加価値製品or高水準サービス商品)を載せることこそ、企業の大小にかかわらず、あなたの将来が開ける道なのである。
合法?となると、「悪法も、また法なり」の言葉と矛盾してしまうから、「合法←→非合法」の二者択一の二元論を超越するために、コンプライアンス(法秩序の遵守)という言葉が流行しているのだ。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>直接、当事者にメールをすればいかがでしょうか・・・
う〜〜ん止めておきます。。。(^^ゞ
おきらく社労士
2009/04/09 20:51
そうですか・・・よほどヒドい目に会ったのですね・・・お察しします(^o^)/

 削除を依頼します。
村岡氏との裁判でも、酷い目に合ったのは不法行為を受けた河野順一先生と当職です。
久保利子
2009/04/10 00:33
私はブログは、ITの「かべ新聞」と受け止めています。ですから発行者が誰か等無粋な詮索はする必要はなく、sr-Ta3さんを含めて、私には情報を得る有り難いブログもあります。勿論、そのまま受け止めるのではなく、裏付けも確認します。例えば過日報酬月額の降給に関して「おきらく様」からも議事録云々のコメントがありましたが、私の所属会でも会報と一緒に「公文書」で届きました。社労士が信頼されていないと憤慨の向きもあろうかと思いますが、過去の改竄の実態から、関与した社労士が皆無だったとは言えない点もあったかと・・。いずれにしてもこれからもフォーマル、インフォーマルを問わずこのブログでのユーモアのあるジャブの応酬を楽しみにしています。かべ新聞とはそう言うものであり、嫌な人は、アクセスしなければ良いのです。sr-Ta3さん、このブログ閉じないで下さいね。応援してます。

mrs.KOKI
2009/04/10 13:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
おきらく社労士さん「で…結局どうなったんだろう?」って、私も知りたいのですが、そんなヒマもなくホント 特定社会保険労務士の自力整想館3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる