特定社会保険労務士の自力整想館3

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログを止めようかな、という動機のひとつに、同じような嫌がらせにあって、いい加減、厭きてくるってのが

<<   作成日時 : 2009/04/11 12:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

約20年前、メール以前のパソコン通信時代から、「品格と匿名性についての議論」は延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々延々と続いております・・・これは、おそらく解決しないであろう、というより、全く違った「生き方」を求めらることに気がつくわけです・・・

例えば、メールを使わないとか、それなりの防衛策や、違う人生哲学などを持つとか・・・

ところが、ブログなぞでもはじめた者が、この古くて新しい問題を「Oh!発見する」と、鬼の首でも取ったかのように「自分の意見」を開陳するわけであります・・・

ま、「受け手」の方も慣れないうちは「Oh!それは大問題だ。」なんて・・・

しかし、似たような場面に遭遇して二度三度どころか、五十度百度にでもなってくると、いい加減厭きてくる・・・

やっぱ、年を取ったワイ・・・若いときはいくらでも反論したが・・・




現実の世の中で、突然、見知らぬ者から、

「ワタシは、以前からお前を知っているが、お前の顔は下品だ。」

それを言われた「私」は、最初ビックリしてやがて怒りだす・・・

「なぜ、見ず知らずの人からいわれなき無きヒボー中傷を受けなければならないのだ。」


ところが、

「ワタシは、正しいことを言っているのだ、下品なものを下品といって何が悪い。」

「お前こそ、鏡で自分の顔を見ろ。ワタシより下品じゃないか。」

「ワタシはいいんだ、超法規的な存在だ。」

「そんな卑怯な! だいたい、私の顔が下品であったとして、なぜ悪い。」

「お、開き直ったな。下品な顔をしているくせに。下品はクソだとケンポーで決まっているんだ。」

・・・ののしりあいになったとしても、現実の世界ではめったなことは起きない・・・かもしれない・・・



しかし、ネットの世界では、こんな大騒ぎがいとも簡単に起きる・・・

その意味では、確かにねえ、このブログが上品であれば、あのような大事件は起こらなかったハズで・・・

まあ、このブログにも、まるで便所のタンつぼにはき捨てるように「正しいこと」を投げ捨てて二度とコメントすらしない人が沢山いた・・・

やはり、仁義無き世界なのかも・・・



もっとも、親しい間柄だったら、どうということはないでありますが・・・

例)

「やあやあ、おきらく社労士さん、あんたの顔は下品だなあ(^o^)/」

「何をおっしゃるsr-ta3、あんたには負けるよ>^_^<」

「いやいや、ワシの10倍はヒドイ(*^。^*)」

「なにをおっしゃる、等比級数的に私のほうが上品だ(^_-)-☆」

「いやいや、何をおっしゃる、あんたの汚いケツよりまっしだ(^0_0^)」・・・この後、延々とつづく

・・・しかし、ホントは、現物のおきらく社労士さんのツラを見たことが無く(^^)v・・・









特定社労士の勉強をしていて、ひとつ分かった事は、

「人」を裁いてはいけない・・・

少なくとも信頼関係が確立するまで、頼まれもしないのに人を裁くなんてことはロクなことにならない、ということであります・・・・

社労士の資格を取ったからといて、人間的に「格上」となったわけでもなく、ましてや人を裁くような権限も与えられておらず、何かしらエラくなったと勘違いするひともいる・・・

労使を裁くだけでも恐れ多いのに、人の価値観を裁くなんて思い上がりもハナハダシイ、のでありますが、人を裁くのは気持ちがいいのか、ついやってしまうのであります。。。社労士のブンザイで・・・



裁くとはすでに、高見に立って見下しているわけで、それを仕方ないと思わせるのが「権威」とかとか「格」とか「経歴」でありましょう

だから、逆に、人を裁きたい人ほど「権威」とか「各」とか「経歴」とかにこだわるワケであります・・・

あるいは「あんたとは長年のつきあいで特殊な関係だ、だから俺の価値観を受け入れろ・・・」という、まあ、その道のプロが良く使う手なんかもある・・・

中には、「ワタシはスゴイ弁護士を知っているぞ・」なんて安っぽい見栄をはる。しかし、これは結構使いやすいので私も玉にいっておりますです(ーー;)・・・




たかだか、労働社会保険や法令に多少の知識があったとしても、それをもって「人」を裁いたり断罪はできない、というか恥ずかしいのであり、社会保険労務士になって起こす一番の勘違いかもしれない・・・


ただ、そんな現場には当事者しかおらず、生年月日やら賃金などを知っているので、つい能書きをタレる立場に立っても当たり前だ、なんて錯覚をおこすわけで・・・めったなことではダレも指摘してくれないのであります


それで、まあ、「権威」のある人から言われると、渋々認めざるを得ないが、そうでないひとから「正しいんだ」といわれても納得できないのであります・・・

「私の人間性は怪しいが、ともかくワシの言うことは正しいので認めろ」ってなことにはならない、通常の感性であれば・・・

でも言う方は感じないのだなあ「正しいことを正しいと言って何が悪い」とばかりに・・・



そこで、直裁的に言いつけるような野暮なことを裂けようとすると、なんとかして相手にわかってもらえる工夫をしなくてはならない・・・工夫・・・

それには、ボ〜ダイな努力が必要なのであります・・・

実は、これこそが、社労士のテキストに載っていない商売のネタでありまして・・・それで、こうやって、なんとか安直に手に入れようと、ブログ漁りをするわけで・・・

まあ、「社労士の文化程度を向上させよう」なんて高尚なことは言いませんが、自分で会得しない限りノウハウにはならないだろうねえ・・・
 
もちろん、あえて相手を怒らす方法もあるのですが、こっちもストレスが貯まる・・・若い人向けなのかも・・・・  
 






****************

メールをいただいた皆様、どうもありがとうございます・・・

そろそろ、引っ越そうと思い、次の「自力整想館」も用意しているのでありますが・・・

今月は、また、給料計算その他で忙しく・・・・・


ミ〜さん「センセイ!ブログばっかりしないで、仕事をして下さい。」

モッちゃん「センセイ!仕事は山のようにあります。仕事をしてくれないと給料がでません。」

NAOちゃん「センセイ!また、新しいお料理屋さんをみつけました。連休に行きたいです。センセイの財布だけあればいいですぅ。」













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>このブログが上品であれば、あのような大事件は起こらなかったハズで・・・

一連のsr-ta3さんのエントリーは、いつも通り、大人としての品格にあふれていたような気がしま・・・いえ、あふれていましたよ(笑)
「上品」かどうかは、下品な私には判断つきませんがw
少なくとも、ウイットに富んだこちらのブログは、毎日楽しみに拝見させていただいています。

特定社労士が
>「正しいことを正しいと言って何が悪い」
という姿勢を押し通すことに、最大の問題があるなぁと感じたり・・・

小僧に阿らないsr-ta3さんの姿勢が大好きな私です。
sharoc
2009/04/11 14:24
ここは私の好きな居場所でもあります…(^^)

>「ワタシは、正しいことを言っているのだ、下品なものを下品といって何が悪い。」
正しいことを言う」それはそれで良いことかもしれませんが、それを言ってはいけない時もあると思うのであります。この差を分からない方は、人間として未熟なんですよね。でも、それを鬼の首を取ったように発言する方よりは、管理人さんは品位があるように思います。誰とは言いませんが…



おきらく社労士
2009/04/11 15:03
はじめまして通りすがりの一般人です

匿名だろうが実名だろうが何でも言っていいわけないと思います
名誉棄損になるならないの話ではなく見ている人が不快に感じるようなことを書くのはネチケット違反でしょ
ネットは不特定多数の方が閲覧できるわけですしね
「いやなら見なければいい」ってそりゃ2chの掲示板と同レベルです
一般常識の範囲内だと思いますがねぇ…

一般人
2009/04/11 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログを止めようかな、という動機のひとつに、同じような嫌がらせにあって、いい加減、厭きてくるってのが 特定社会保険労務士の自力整想館3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる