特定社会保険労務士の自力整想館3

アクセスカウンタ

zoom RSS おきらく社労士さん、社会保険労務士TREND にキツク言って置きましたが、はてなんだか偏っているのか

<<   作成日時 : 2009/03/07 19:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

本日も、朝から某食品製造業の会社訪問・・・ここの社長は高校時代の同級生、また少し白髪が増えた、まあお互いにメタボじゃのう、というのは考えられなかった35年前・・・





ふとっちょえすあーるさん、お気遣いありがとうございます・・・

社会保険労務士TREND
http://www.sharoushi-trend.net/


画像














先日、某所に集まり次の鎮の立候補・推薦届についての話し合いをした・・・

支部から推薦する鎮の定数は6人・・・

立候補が6人に満たなければ、不足する鎮の数だけを決める選挙を行う・・・

また、立候補が7名以上になればこれまた選挙・・・

しかし、自ら立候補する者は少ないと思われる・・・

前期の2年間、年金問題が燃え盛る中、息も絶え絶えに運営してきた姿を見ると、外野にあって「がんばれよ〜、でも苦情や文句は目いっぱい言うからな。」という方が楽なことは確か・・・

で、この日、最重鎮と支部鎮と私その他数名が集まり、立候補者を6人立てて支部会員の信任投票にしようと謀議したのであった・・・

他の支部でも
「私、病気なので次回は降りたい。」
「え、何の病気?」
「いや、あの、ちょっとした病気で・・・」
「だったら鎮を続けなさいよ。」
「いやあのそのおか〜ちゃんにしかられたんで・・・」

とか
「事務所の事務員の身内がもうすぐ要介護状態に入るかもしれなので来年は委員長はできません鎮も辞めたいと思われ」
「却下!」
「一人だけ足抜けは許さないど〜」

とか
「どこぞに、暇があって会議の進め方を知っていて行政や他団体との交渉の仕方を知っていて金儲けする必要の無いやついないかね。」
「そりゃ、元公務員だろ。」
「しかしなあ、公務員も楽じゃないんだよな。年金も減っているようだし。」






結局、私自身やれる所までやってあとは開き直るしかないだろうと・・・

それで、立候補の所信というところに次のように書いた・・・


社会保険労務士として資格をいただき糧を得ている者として、応分の負担をしたいと考えます。

社会保険労務士の活動と役割は年々多様化してきており、社会保険労務士会も、かつてのように外に対しては圧力要求団体として、内部に対しては利害調整機関としての存在意義はますます薄くなる一方であります。

更にそれぞれの分野で、それぞれが互いの違いを尊重しなければ生き残れる時代ではなくなってきつつあります。

そういった情況を踏まえて、私なりに社会保険労務士会に奉仕できることを考えて行きたいと思います・・・


なんのこっちゃ、よくわからんが、面白く泣ければ直ぐにでも鎮を辞めようかと思ったり、まあ誰かがしないと成り立たないわけで・・・

鎮は何をしているのだ、とよく言われるが、みんなが思っている以上に雑用と連絡業務とセレモニーの消化に明け暮れて何も残らない日々なのであります・・・・










月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>鎮は何をしているのだ、とよく言われるが
あたしは、口が裂けてもそういうことは言いません。
一雑兵でありますが、最重鎮以下のお仕事の負担はよく分かっております故。「苦情や文句は目いっぱい言うからな」という輩には、平気で「お前やれ!」と言ってしまう性格であります(大爆)
おきらく社労士
2009/03/07 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
おきらく社労士さん、社会保険労務士TREND にキツク言って置きましたが、はてなんだか偏っているのか 特定社会保険労務士の自力整想館3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる